がんは転移する恐るべき病なのです|油断は禁物

防止する方法

ドクターとナース

たとえ手術をして無事に治療が出来たように見えても、それで完全に治療が出来たわけではないのががんという病気の恐ろしい所です。がん細胞というのは眼には見えないものなので、体内に残ってしまっている可能性も十分にあるのです。転移などでがんがまた発生していることを告げられる時は初めて告げられた時以上にショックです。治療後が特に転移や再発を起こす可能性がとても高いのですが、その理由は免疫力の低下にあります。つまり、免疫力を高めるという事は再発、転移を防ぐためにはとても有効なのです。自分自身で免疫力を高めるには、退院後出来るだけ早く無理のない範囲で運動を再開するようにしましょう。体力がついてくるとそれに比例して免疫力も高くなります。

ほかの病気とがんが最も大きく異なる特徴として、初めに発生した患部から全く別の場所で新しくがんが発生することが挙げられます。この転移という現象がなぜ起こるのかというと、がんが成長してリンパや血液にまで到達すると、元の患部から分離したがん細胞が血液やリンパの流れに乗って全く別のところまで移動するためです。再発や転移はがん細胞がある程度成長しないと怒らないことが最近の研究によって分かっています。その為、ステージが上がる毎に転移や再発の危険性は高くなり、例えば大腸がんの場合はステージ3の場合は再発や転移を起こす可能性が30パーセントにもなっています。また、成長したがん細胞により引き起こされる再発や転移は初めから悪性の場合もあります。そのため早めに治療をする、また日頃から定期的に医療機関を受診したり、生活習慣の見直しを行なったりして健康維持に努めましょう。

人気記事

意識が高まっています

女医

近年、乳がんに関する認識が広まってきたため、乳がん検診を受診する女性が増加しています。自治体や幼稚園、学校などでも気軽に受けることができるケースが増えてきたため今後も受診者は多くなるでしょう。また早期発見が増えることで乳がんによる死亡率も減少するでしょう。

健康的な日々を送るために

ドクター

健康的な生活を送るためにもかかりつけの医師がいるような病院を持っておく事は大切と言え、前もって準備しておいた方が良いでしょう。病院を探す際には、インターネット上の情報サイトなどの口コミを参考にする方法などが人気と言えます。

早期治療でがん克服

医者と看護師

胃がんの早期発見の重要性や悪化した際の危険性などが認識されて初めて検査を受ける人が増加しています。手遅れになる前に、定期的に検査を受けておくことが大切です。病院へ出向くのが億劫な人もいますが、早めに発見すると治療期間も短く済みます。

早期発見が重要

聴診器

がんは体の中にある様々な臓器に悪性の腫瘍ができる病気です。腫瘍は放っておくとみるみる成長してしまい、治療を行うことが難しくなります。次第に大きくなっていき他の部位にまで転移してしまう可能性もあるのです。