がんは転移する恐るべき病なのです|油断は禁物

新しい療法として注目

医者

がんを根治させるために今まで外科手術や放射線治療といった治療法が生み出されてきました。この技術のおかげでがんは以前に比べて不治の病というわけではなくなったのです。がんになったとしても完治し、普通の生活を送っている人はたくさんいます。しかし、外科手術には体力が必要です。身体にメスを入れることになるのでそれに対する抵抗力がないとできない治療法なのです。体力があってもメスを入れてしまうと負担になってしまうので、新しい治療法が模索されてきました。NK療法はそんな中で生み出された治療方法です。NK療法はナチュラルキラー細胞を活用した治療方法で、今では薬物療法に次ぐ療法として注目されています。これを利用すれば治療法の幅が広がり、完治できる患者も増加するといえます。

ナチュラルキラー細胞が発見されたのは1970年代のことで、今では科学的理論も確立しています。NK療法はナチュラルキラー細胞を誘導することから始まります。人間の身体というものは異物を攻撃するようにできています。白血球がそういった攻撃する細胞の一つで、風邪が自然に治癒するのも白血球が細菌を攻撃し、沈静化させるためです。ナチュラルキラー細胞ががん細胞を攻撃するようにするにはまず患者から採血を行なわなければなりません。リンパ球を分離させ、それをナチュラルキラー細胞とともに増殖させ、ナチュラルキラー細胞が特定のがん細胞を選択するように誘導するのです。NK療法はこの誘導された細胞を使うため、身体に負担が少ない治療ができるといわれています。

人気記事

意識が高まっています

女医

近年、乳がんに関する認識が広まってきたため、乳がん検診を受診する女性が増加しています。自治体や幼稚園、学校などでも気軽に受けることができるケースが増えてきたため今後も受診者は多くなるでしょう。また早期発見が増えることで乳がんによる死亡率も減少するでしょう。

健康的な日々を送るために

ドクター

健康的な生活を送るためにもかかりつけの医師がいるような病院を持っておく事は大切と言え、前もって準備しておいた方が良いでしょう。病院を探す際には、インターネット上の情報サイトなどの口コミを参考にする方法などが人気と言えます。

早期治療でがん克服

医者と看護師

胃がんの早期発見の重要性や悪化した際の危険性などが認識されて初めて検査を受ける人が増加しています。手遅れになる前に、定期的に検査を受けておくことが大切です。病院へ出向くのが億劫な人もいますが、早めに発見すると治療期間も短く済みます。

早期発見が重要

聴診器

がんは体の中にある様々な臓器に悪性の腫瘍ができる病気です。腫瘍は放っておくとみるみる成長してしまい、治療を行うことが難しくなります。次第に大きくなっていき他の部位にまで転移してしまう可能性もあるのです。