がんは転移する恐るべき病なのです|油断は禁物

胆石症を予防すると防げる

看護師

がんになってしまうと生活が一変します。とても重大な病気なので、仕事ができなくなるくらいに症状が悪化してしまう可能性のあるがん。そもそもこういった病気にならないようにしたいものです。胆のうがんは胆石症を患っている人に最も多く発症する可能性のあるがんだといわれています。逆にいえば、胆石症を予防する、もしくは胆石症になってもちゃんと治療すれば胆のうがんを予防することができるといえるのです。

胆のうがんにかかってしまうといろんな症状がでてきます。たとえば黄疸や発熱、疼痛などです。黄疸とは、目の白い部分が黄色くなったり、顔が黄色くなったりする症状のことです。この症状が表れてきたとしたら、胆のうがんを疑った方が良いです。他にも嘔吐や腹部腫瘤などが表れる症状として挙げられます。

そして、胆石症や胆のうがんにかかると手術が必要と感じますが、胆石症に関しては胆石が見つかったとしても手術を受ける必要はないことがあります。痛みを伴うような症状が出ることはまれなのです。しかし、胆石症があると胆のうがんにかかるリスクがあるので、予防のためにも放置してはいけません。胆石症の治療としては、溶解剤を飲むことから始めます。すべての胆石が溶解するわけではないので、医師と相談の上治療を進めることになります。胆のうがんは早期には症状があまりでないので、胆石症にかかった経験がある人は定期的な検査をするようにしましょう。胆石症にかかると、普通の人よりも10倍近く胆のうがんにかかる可能性が増えるので、注意です。

人気記事

意識が高まっています

女医

近年、乳がんに関する認識が広まってきたため、乳がん検診を受診する女性が増加しています。自治体や幼稚園、学校などでも気軽に受けることができるケースが増えてきたため今後も受診者は多くなるでしょう。また早期発見が増えることで乳がんによる死亡率も減少するでしょう。

健康的な日々を送るために

ドクター

健康的な生活を送るためにもかかりつけの医師がいるような病院を持っておく事は大切と言え、前もって準備しておいた方が良いでしょう。病院を探す際には、インターネット上の情報サイトなどの口コミを参考にする方法などが人気と言えます。

早期治療でがん克服

医者と看護師

胃がんの早期発見の重要性や悪化した際の危険性などが認識されて初めて検査を受ける人が増加しています。手遅れになる前に、定期的に検査を受けておくことが大切です。病院へ出向くのが億劫な人もいますが、早めに発見すると治療期間も短く済みます。

早期発見が重要

聴診器

がんは体の中にある様々な臓器に悪性の腫瘍ができる病気です。腫瘍は放っておくとみるみる成長してしまい、治療を行うことが難しくなります。次第に大きくなっていき他の部位にまで転移してしまう可能性もあるのです。